オオゲサな宣伝文句が気になるけれど

ひぐちアサおおきく振りかぶって』の新刊購入。ものっそ丁寧に描かれている高校野球漫画です。練習風景を詳しく描写してるのはとても良いことですね。そのせいでこの巻には試合をしているシーンがチョロっとしかありませんが、次巻から始まる夏の大会編へのワクワクドキドキ感が、もう既に湧きあがっております。舞台が埼玉で、僕が住んでいるのも埼玉なもんですから、そういった面でもワクワクドキドキしますね。先が楽しみな、いい作品。単行本派なので毎月アフタヌーンを読みたくなる衝動を抑えるのが大変です。本屋に行ってアフタヌーンを目にしては「いかん、待て待て、待つのだ、いま読んじゃったら先の楽しみがなくなウホッ、なぜ俺はアフタヌーンを手に取ってるのだ、なぜペラペラ開いているのだ、ああん扉ページまで来ちゃったン、ラブやん助けてえ」みたいな状態になってます。アフタヌーンは良い漫画が多いので購読してもいんですけどね。5冊くらいあれば筋トレにも使えますし。というか1冊で人が殺せますし。2冊で2人殺せますし。1年分あれば1ダース殺せますし。でも僕は筋トレ嫌いなモヤシ人間であり、今のところ人を殺害する気はないのでやはりアフタヌーンは立ち読みで我慢するべきであった。アフタヌーンの中だと、黒田硫黄の『みし』がお気に入りです。というか黒田硫黄信者入ってます。黒田硫黄が描く女の子is Godです。終わるのが残念です。冬目景先生は『ハツカネズミの時間』よりも先にやることがあると思います。信者だからこそ言わせていただきますが、まずはイエスタデイをうたってください。