富士山麓に大村君


Disappear Here

Disappear Here


フジロックがなんだ! ニューオーダーがなんだ! ビーチボーイズがなんだ! 夏は冷房の効いた涼しい部屋の中で爆音のロック音楽を聴きながら頭をガンガンに振って麦茶をキューっと一口に飲み干して即座に腹を壊すのがいいんだ! 野外で汗をダラダラ流しつつ無数の人間どもに囲まれてロック音楽聴きながらビール飲んでついつい飲みすぎて即座にリバース、なんて、全然楽しくもなんともない! 僕はインドア・ロッカーとして生きるのだ! 苗場でニューオーダーなんて、全然羨ましい! 夏真っ盛りに酒飲みながらビーチボーイズなんて、露ほどにも羨ましい! 苗場なんて、萎える場だろ! プギャッハハハhキエエエエエエエエフジロック行きてえええええうえええええええん(ハンケチーフびしょ濡れ) 
羨望と反逆の狭間で揺れ動く僕の心を癒してくれたのはシルヴァー・サンという、おそらく世界一ダサいジャケット・センスを有するパワーポップバンドであった。6年ぶりか7年ぶりか知りませんけれど、ニューアルバム出てたんですね。ヘビメタバンドみたいなジャケではあるものの、中身は全然違います。これでもかという美メロ、美歪ギター、美コーラス、あア、やっぱりいいワァ、シルヴァーさん。ニューオーダーのような儚さとビーチボーイズの美しさをあわせ持つバンドです。これ一枚でフジロックに匹敵……する! するんだよチクショウ!